マンション売却から戸建てに買い替えるときは、売り先行?買い先行?どっちがいいの?


マンションを売却して一戸建てに買い替えるときって、売却から進めた方がいいのか、購入から進めた方がいいのか、どっちなんでしょう?

こんにちは。友人と一緒に知識ゼロからのマンション売却&戸建て買い替え大成功!!をめざし、日夜、成功へのヒントを調査しているスミ・カエコです。

マンションを売って一軒家に住み替えたい、という場合、多くの人がぶつかるのが、マンションを先に売る「売り先行」か、戸建てを先に買う「買い先行」かという問題です。

この二つの方法以外に、買い替えの手順の記事でご紹介しましたが、マンション売却と戸建て購入を同じタイミングで進めるというパターンがあります。これが一番の理想です。

でも、マンションを買ってくれる人が現れると同時に、求めていた理想の一戸建てが見つかった!もしくは、建てることができた!なーんて、都合よく進むことは、そう多くないはず。というか、少ないんじゃないかな…。

となれば、同時進行ができなかった場合に備えて、自分にとって向いているパターンはどちらなのかを知っておきたいですよね。

そこで今回は、「売り先行」「買い先行」、それぞれのメリット・デメリットを調べてみましたよ!

マンション売却&一戸建て買い替え、売り先行?買い先行? これが手順の別れ道。

「売り先行」のメリット・デメリットは?

「売り先行」とは、最初に自宅マンションを売却して、その後に一戸建てを購入する流れになります。

この場合は、売却金額が明確になるので、一戸建て購入の資金計画が立てやすく、無理のない予算で新しい家を購入できます。

それに、じっくりと売ることができるので、焦って売却金額を安くすることも避けられます。

まだ、マンションの住宅ローンが残っているという人は、売却金額をローンの残債にあてることになるので、ほとんどの場合、この「売り先行」のパターンになるのではないでしょうか。

一方で、マンションが売れた後、購入した一戸建てへの引っ越しのタイミングが合わなければ、賃貸マンションなどの仮住まいが必要になります。

仮住まいにも敷金や礼金が必要となり、引っ越しもマンションから仮住まい(1回目)、仮住まいから一戸建て(2回目)へと2回になるので、余分な費用がかかります。

さらに、仮住まいの電話、テレビ、インターネットなどの契約をどうするか、仮住まいに家電設備を取り付けるかどうか、家財道具がすべて入るかどうか、ペットは連れていけるかどうかなど、さまざまな問題が予想されます。

仮住まいを決めるのも時間がかかるということを想定して、準備を進めておくことが大切です。

「買い先行」のメリット・デメリットは?

「買い先行」とは、最初に一戸建てを購入し、その後で自宅マンションを売却する流れになります。

この場合は、憧れの一戸建てを先に購入することで、住むところが明確になり、満足感も安心感も生まれますよね。

自宅マンションから一戸建てへの引っ越しが済めば、マンションが空いた状態になり、いつでも購入希望者の方に見てもらえますし、内覧への対応もしなくて済みます。
つまり、不動産会社にお任せできるので、売却の手間が減るということなんです。

一方で、マンションに買い手が現れるのか、一体いくらで売れるのか?といった不安も。

そして万一、マンションが売れなかった場合は…。一戸建ての購入契約を解除する、あるいは賃貸に出すなど、さまざまなケースを想定しておく必要があります。

不動産会社によっては「買い取り保証制度」を用意している所もあるので、契約の際に確認しておいたほうがいいですね。ただし、買い取りは、相場よりかなり安いというのが通常なので、そこは覚悟しておいたほうがいいかもしれません。

いずれにせよ、マンションの売却が後になっても、一軒家を購入できるだけのローンが借りられる、もしくは資金を持っている!(うらやまし~)という方が対象となります。

もしくは、「つなぎ融資」や「ダブルローン」といって、今のマンションのローンが残っていても、新しい一戸建てを購入するためのローンが組める場合もあります。ただし、返済が厳しくなるので注意が必要です。

はい、ここで「売り先行」と「買い先行」のメリット・デメリットを表にまとめてみました。
参考になさってくださいね。

「売り先行」と「買い先行」のメリット・デメリット

売り先行 買い先行
売却金額 売り急がなければ、納得のいく金額で売却できる 焦って売ることになると、売却金額をたたかれる
売れなかった場合は 戸建ての購入を遅らせ、計画を練りなおす 戸建て購入の契約を解除するか、不動産会社に相場より安く買い取ってもらう あるいは賃貸に出す
資金計画 売却金額がわかるため、戸建ての購入計画が立てやすい 資金に余裕があれば問題なし
ダブルローンなどになった場合には注意が必要
仮住まい 戸建てを購入し引っ越すまでの仮住まいが必要
引っ越しが2回となり、仮住まいなのにさまざまな費用がかかる
必要なし。引っ越しも1回のみ
内覧への対応 必要 引っ越し後であれば必要なし
心理面 住むところが決まっていないため、今後が不安
戸建ての購入が決まらないと、仮住まいが長くなることもあり、余分な費用を払い続ける心配も
住むところが決まっているため、今後の暮らしは安心できる
ただし、マンションの売却が決まるまでは不安

「売り先行」と「買い先行」、向いているのはこんな人!

さぁ、ここまで「売り先行」「買い先行」のメリット・デメリットを見てきました。どうでしょう?あなたは、どっちに向いていそうですか?

考え方はいろいろあると思いますが、スミ・カエコとしては、こんな人がそれぞれのタイプなのではないかと思います。

「売り先行」に向いている人

  • マンションの住宅ローンが残っている人
  • マンションの売却金額によって一戸建て購入の資金計画が左右される人
  • ダブルローンなど金銭的なリスクをとるのが不安な人


「買い先行」に向いている人

  • マンションの住宅ローンを既に完済している人
  • マンションが確実に売れる見込みがある人
  • 手元の資金に余裕がある人

以上、「売り先行」か「買い先行」かについての調査でした。

多いのは、「売り先行」の人みたいですね。住宅ローンは残っているものの、新しい家に買い替えたいと希望するケースが多いようです。

私の友人もそうですが、子どもが生まれて家族構成が変化する時期って、まだ住宅ローンを返せていない人が多いのかもしれません。

それに、日々の暮らしのことを考えると、ダブルローンなどで大きな借金を背負うリスクは避けたいもの。だから、「売り先行」で資金を確定させたい人が多いのもわかります。

「売り先行」にしても「買い先行」にしても、一戸建てへの住み替えを希望する人にとって大事なのは、家族が幸せに暮らせる理想の一軒家を探すこと。
売ってからじっくり探すのか、じっくり探してから売るのか。という選択にもなりますね。

本当に満足できる一戸建てへの住み替えを実現するために、自分に合った方法でマンションン売却&一戸建て買い替えを進めましょうね。

この記事のPOINT

  • 「売り先行」は、購入資金の計画が立てやすい
  • 「売り先行」は、仮住まいが必要になる場合も
  • 「買い先行」は、売却の手間が減る
  • 「買い先行」は、売却できないリスクもある
  • 「売り先行」に向いているのは、住宅ローンが残っている人
  • 「買い先行」に向いているのは、住宅ローンを完済した人

↑このページのトップへ