不動産屋さんに頼む?個人で売る?マンション売却方法の基本を知る。

こんにちは。「マンションを売却して戸建てに住み替えたい」という夢を持っている友人と一緒に、知識ゼロからの売却&買い替え大成功!!をめざしているスミ・カエコです。

そもそも一軒家に買い替えるためには、住んでいるマンションを売却しなくちゃいけません。でも、ふと気がつきませんか?

マンション売却って?買う方なら経験もしたし、よくチラシが入るからわかるけど、売る方ってどうしたらいいの?

ですよね~。マンション売却って簡単に言うけど、よく考えてみたら売却の方法がまったくわからないんです。住まいの購入に比べると、売却って情報が少なくて、わからないことだらけです。

ということで、今回は「マンション売却方法の基本のキ」として、どんな方法があるのかを調査してみました。まずは、マンションの売却方法の概要を知るところから始めて、自分に合った売却方法を考えていきましょう!!

マンションの売却方法は一つじゃない!!

マンション売却の窓口は2つ!不動産会社か個人(自分)か。

マンション売却の窓口は、大きく2つにわかれます。一つは不動産会社。ほとんどの方が不動産会社に依頼して、マンション売却を実行すると思います。

もう一つは、個人、つまり、あなた自身です。

えっ!?自分で売ることができるの??と驚かれた方も多いですよね。

はい、そうなんですよ~。法律的にも、マンションや家などの不動産を個人の間で売買しても問題ないんですって。

だから、とってもメンドーで難しいんですが、メチャクチャ頑張れば自分でも売れるんです!

それに、不動産会社に支払う仲介手数料って、上限「売却価格×3%+6万円+消費税」と定められていて、かなり高いんです。たとえば、3,000万円のマンションを売却した場合、手数料は96万円になり、さらに消費税がかかって100万超え!え~っ!!そのため、

こんな手数料払うくらいなら、自分で売る!!という人もいるんですよね。ただ、

自分で買い手を探すのは大変そう…。
もし買い手が見つかったとしても、契約書類って自分で準備できるのかなぁ?
売却後に何かトラブルが見つかったとき、責任とれるの?

と心配になってきますよね。うまく知り合いで買いたい人が見つかればいいんですが、購入後にトラブルにならないために、慎重に事を運んだり、契約をしっかり結んでおくことも大事です。

個人で売るなら、それ相当の不動産や契約に関する知識と、売却に動くための時間が必要

ということで、かなりハードルが高い選択と言えるでしょうね。

では、不動産会社に依頼するか、個人で売るかのメリット・デメリットをまとめてみました!

不動産会社or個人で売る場合のメリット・デメリット

不動産会社を通じたマンション売却方法は3つ!

そういうわけで、多くの人が不動産会社を通じてマンション売却を進めます。
その方法は、大きくわけて3つ。1.買取2.仲介(媒介)3.オークションです。それぞれの特色をご紹介します。

1.買取とは
不動産会社が直接、マンションを買ってくれます。仲介ではいつ購入者が現れるかわかりませんので、早期に売却したい場合、すぐに現金が必要な場合に選択されることが多いそうです。

また、直接の買取のため仲介手数料は発生しませんが、仲介と比べると5~8割程度の売却価格になってしまうことも…。

2.仲介(媒介)とは
不動産会社に、買い手を探してもらって売却します。広告や購入希望者との価格交渉、契約まで支援してくれますが、成約時には仲介手数料が発生します。

やっぱり一番多いのは仲介ですね。仲介手数料はかかるけれど、面倒なことはやってもらえるし、高く売却してもらえれば文句はないわけですから。

ただし、仲介してもらう不動産会社をどう選ぶかが、とっても大事です。近所や知り合いの不動産会社1社だけに売却を依頼する方法もありますが、複数社による一括査定を行って、納得のいく査定価格の不動産会社に依頼する方法もあります。ここは、また詳しく別のコーナーでご紹介しますね。

3.オークションとは
不動産会社のオークションサービスを利用して、入札日を設けて物件を売り出し、その中から最も高値をつけた入札者を交渉し売却します。仲介手数料は発生します。
例えば、ピタットハウスが運営している「マイホームオークション」というサイトから申し込みができます。

なにそれ?今まで知らなかったけど、高く売れるならいいじゃん!

と思いますよね。でも、今のところ、あまり普及していないみたいです。だって、考えてもみてください。

売り手としては「ウチはこの価格以上でしか売らんぞ!」と意気込みますが、買い手としてはどうなんでしょ?

しかも、「他の人より、少しでも高値をつけて落札しなきゃ!」と思う買い手っているのかなぁ?

もちろん、そのマンションに特別な価値があれば別で、うまくいくケースもあるでしょう。こういう選択肢もあるということを、頭に入れておきましょうね。

個人でマンション売却する方法には、ネットサービスを使う手も!

先ほど、個人が自力でマンションを売却するのは、かなりハードルが高いというお話をしました。ところが、2015年の秋に個人の不動産売買をサポートする新たなネットサービスが出てきているんです。

それが、Yahoo! JAPANとソニー不動産が共同で企画・運営する、「おうちダイレクト」

いくつかプランがあるのですが、「セルフ売却プラン」なら不動産会社を通さずに、自分のペースでマンション売却を進められ、購入を検討している人とはインターネット上でやり取りできます。しかも、サービス利用料、売却仲介手数料は必要ありません。

これなら個人でも安心して売却できるし、早速、使ってみたいかも!

と思ったあなた、お住まいはどちらですか?この「おうちダイレクト」が利用できるのは、今のところ東京・神奈川・埼玉・千葉の中の、さらにエリア限定なんです。

「おうちダイレクト」の対応エリア(2017年11月現在)
<東京都>
東京23区、立川市、武蔵野市、三鷹市、府中市、調布市、町田市、小金井市、国分寺市、国立市、狛江市、西東京市
<神奈川県>
横浜市、川崎市、鎌倉市、藤沢市
<埼玉県>
さいたま市(南区、浦和区、中央区、大宮区)、川口市、蕨市、戸田市、朝霞市、志木市、和光市
<千葉県>
千葉市(美浜区)、市川市、船橋市、習志野市、浦安市

しかも、おうちダイレクト以外では売却活動ができない規則になっているので、かなりの制限が…。そのため、これも普及とまではいってないようです。該当エリアにお住まいの方は、検討してみる価値はあるでしょうけどね。

さぁ、ここまでマンション売却の方法を、ざっくりと見てきました。今回は基本のキなので、下の図とポイントを見て、おおまかにこういう方法があるんだ、ということをつかむだけで大丈夫です!
ここから、一緒に自分に合ったマンション売却方法を探していきましょうね!!

この記事のPOINT

  • 個人でのマンション売却はかなり難しくリスキー!
  • 不動産会社に売却を依頼するなら、買取か仲介
  • 買取は、急いで売りたい!すぐに現金が必要!な人向け
  • 仲介は手数料はかかるが、一番利用しやすい!
  • オークション、ネットサービスは、まだ発展途上

↑このページのトップへ