仲介?買取?マンションの売却方法はどっちがいいの?

マンションの売却方法には、「仲介」と「買取」、2つの方法があります。どちらがいいのか迷っている人もいるのではないでしょうか?

こんにちは。「マンションを売却して戸建てに住み替えたい」という夢を持っている友人と一緒に、知識ゼロからの売却&買い替え大成功!!をめざしているスミ・カエコです。

マンション売却を不動産会社に依頼する方法には、「仲介」「買取」があります。

「仲介」とは、不動産会社の人に買い手を探してもらって、マンションを売ること。

「買取」とは、不動産会社にマンションを買ってもらうこと。

ちまたでは、仲介の方が「買取」よりも高く売れるっ!

ということで、多くの人がマンション売却に「仲介」を利用しているようです。

じゃ、ウチも仲介で売る!高く売れた方がいいし、不動産会社におまかせすれば、全部やってくれるんでしょ?

まぁ、そうなんですが、まかせっぱなしで、後から「え~しまったっっ!!」とならないためにも、仲介と買取の違いを把握することが大切です。

仲介と買取、どっちがいいのか、それぞれのメリット・デメリットを調べてみました。

仲介と買取の違いから、自分に合ったマンション売却方法を選ぶ。

仲介ってナニ?そのメリット・デメリットは?

売れる前

仲介とは、不動産会社がマンションの購入希望者を探して、売却してくれるシステムです。
全国に広がる不動産流通ネットワークを使って、幅広く買い手を探してくれます。

多くの購入希望者がマンションを見にくる場合もあり、売り手の手間もかかりますが、それだけ売却のチャンスが広がるとも言えます。

また、売却価格は不動産会社の査定を参考にして、売り手が決めます。

通常、不動産会社に買い取ってもらうより、一般の購入希望者に売る仲介の方が高い価格で売却できるとされています。

そっか!じゃ、一応、不動産会社の査定を参考にしつつ、希望の金額で売り出せるかも~

と、思ってしまいがちですが、ここが難しいところなんですよね。

売却価格が高すぎると、いつまでも買い手が見つからず、売れ残ってしまうことに。

そうすると、売り手はもちろん、不動産会社も困るので、「もう少し、価格を下げませんか?」などと提案されて、ジリジリと条件を落としていくことになるんです!!

しかも、不動産会社によっては仲介が得意ではない会社もあるんですって。

万一、そういう不動産会社と契約してしまった場合は、価格を下げようが、広告をジャンジャン出そうが、いつまでたっても売れないということにもなりかねません。

やはり、相場の見極めや不動産会社選びが重要なんです。仲介の一括査定サイトなどを利用して、納得できる不動産会社を選びましょうね。


仲介って、戸建て購入をめざして売却に動いている売り手にとっては、いつまでに売れるか分からないという点で、本当に悩ましいですよね。

子どもの入学時期が迫ってきているのに、引っ越せない!
売却できないと、住み替えようとしていた一軒家が買えない!

など、どうしたらいいの…と頭を抱えてしまう可能性もゼロではないんです。

もし、仲介での売却活動がうまくいかなかった場合…

「買取」に切り替えることができたり、最初から「買取保証制度」というものを用意している不動産会社もあります。不動産会社選びのときに、あらかじめ調べておきたいですね。

売れた後

仲介で売れた!となれば万々歳なのですが、逆に、思った以上に早く売れた場合にも困ることが…。

一軒家がまだ建っていないのに、マンションが売れたため急きょ引っ越すことになり、賃貸マンションに住むことになってしまった、なんてケースもあるようです。

いつ売れるかわからない、という点は、十分に注意しておきたいですね。

また、買い手が見つかり売買契約を結ぶと、不動産会社への報酬として仲介手数料を支払うことになります。

仲介手数料は、上限「売却価格×3%+6万円+消費税」と定められているので、

売却価格3,000万円なら手数料は96万円。さらに消費税で合計100万円を超える仲介手数料を支払わなければなりません!

この手数料の支払いを想定しておかないと、手元に入る売却金額の額が「思ったより少ない~(泣)」ということになってしまうので、気をつけましょう!

そして、めでたくマンションを売却できた後も、仲介の場合、売り手には「瑕疵担保責任(かしたんぽせきにん)」が発生します。

瑕疵?かし?むむ・・難しいですね。

瑕疵とは、隠れた欠陥、普通では発見できなかった欠陥。

簡単に瑕疵担保責任を説明すると、「マンションを売った後に重大な欠陥が見つかったら、売り手が責任持ちますよ」という意味です。

マンションを引き渡し後、一般的には2~3カ月の間に欠陥が見つかれば、売り手が責任を負わなければなりません。場合によっては、買い手から修理の費用を請求されることも…。

仲介には、こういったリスクもあることを知って、準備をしておくことが大事です。

はい、ここでおさらいです。

仲介のメリット・デメリット
メリット デメリット
全国ネットで探してくれる 売れないと価格や条件が下がっていく
売却価格は査定を参考に売り手が決められる 売れないケースもある
いつ売れるかわからない
売却できたら仲介手数料が発生する
売却後、一定期間は瑕疵担保責任を負う

買取ってナニ?そのメリット・デメリットは?

売れる前

買取とは、不動産会社が買い手となってマンションを購入してくれるシステムです。

時間や手間をかけずに売却できるため、すぐにマンションを売りたい場合にはメリットがあります。

戸建てへの買い替えをめざしている場合、売却がスケジュール通りに進むと買い替えもスムーズなので、この点はうれしいですよね。

ただし!不動産会社との交渉次第ですが、仲介に比べて売却価格が安くなる傾向にあります。

売却価格は仲介の5~8割程度の価格になるという話も。

その理由としては、不動産会社がそのマンションを新たに売り出すために、リフォームの費用はもちろん、広告費用などの経費を負担するため、その分が割り引かれるというわけ。

買い手がすぐに見つからないかもしれないので、不動産会社としては、できるだけ価格を抑えようとするのも無理ないでしょうね。

ただ、「早く売りたい!」という売り手の焦りに乗じて、売却価格を下げてくる不動産会社もあるかもしれせん。ここは注意したいですね。

売れた後

でも、買取には、他にもメリットがあるんですよ。

まず、仲介ではないので仲介手数料が必要ありません!

「買取」によるマンション売却の場合、購入希望者との間での仲介がないため、仲介手数料そのものが発生しないんです。

また、買取では、売却後の住まいの欠陥や不具合についての責任が発生しません。

仲介のコーナーで紹介しましたが、通常、不動産を売却する際は買い手(だいたい一般の人)を守るために、売り手には「瑕疵担保責任(かしたんぽせきにん)」が発生します。

ただ買取の場合は、買い手が不動産会社になるので売り手の責任が免除されるんです。売った後のトラブルが防げるという点では、ちょっと安心できますね。

さらに、他の人に売却を知られたくないという場合にも買取は向いています。

不動産会社だけとの交渉となるので、広告を出す必要もありませんし、購入希望の方がマンションを見に来ることもありませんからね。事情があって、誰にも知られずに早く現金を手に入れたい、なんて人も多いんじゃないか、と推測します。

ここまで買取について紹介してきましたが、ここで一つ注意が。

買取は、どんなマンションでも、どの不動産会社でも対応してくれるわけではありません。

不動産会社にとって買取は、購入資金を用意したり、販売活動が必要になったりと、仲介に比べてリスクがあります。そのため最初から買取を行っていない会社もありますし、マンションの状態によっては断られることも。その点は不動産会社選びの際に頭に入れておきましょう!

はい、ここでおさらいです。

買取のメリット・デメリット
メリット デメリット
売却がスムーズに決まり、計画が立てやすい 売却価格が仲介より安い
仲介手数料が必要ない 価格は不動産会社が決定する
瑕疵担保責任を免除される 不動産会社や物件によっては断られる場合も
周囲に知られずに売却しやすい

仲介と買取、あなたに向いているのはどっち?

仲介と買取の違い、ここまででわかっていただけましたでしょうか?

それぞれにメリット・デメリットがありますが、後悔しない選択につながるのは、

自分がどうマンションを売却したいのかを考えて、最優先するポイントから売却方法を選ぶこと!

だと、スミ・カエコは思います。

最後に、仲介と買取のメリット・デメリット、それぞれに向いているケースをまとめてみました。

仲介と買取のメリット・デメリット
仲介 買取
売却価格 高い 安い
売却期間 読めない 短い
内覧などの負担 多い 少ない
仲介手数料 必要 なし
瑕疵担保責任 あり なし
引っ越し時期 買い手の希望に
合わせることも
売り手の希望

仲介に向いているのは?

  • 時間はかかっても、少しでも高く売りたい!
  • スケジュール的に余裕をもって進められる。
  • 人気のあるマンションで、結構早く売れそう。

買取に向いているのは?

  • 価格が低くなっても、すぐにでも売りたい!
  • 時間に余裕がなく、一定の期限内に売りたい。
  • 手間をかけずに売りたい。
  • 仲介手数料を節約したい。
  • 瑕疵担保責任などのリスクを負いたくない。
  • 近所に知られないように売りたい。

どうでしょう?自分に合っているマンションの売却方法はどちらになりましたか?

慎重派のスミ・カエコですが、ここは価格面でのメリットを考えると、仲介を選ぶかなぁ。買取の方が安心材料は多いものの、仲介の5~8割程度の価格になってしまうと聞くと、ためらってしまいます…。やはり、一般的にも仲介を選ぶ方が多いようですね。

仲介を選ぶなら、戸建てへの買い替えを成功させるためにも、仲介のデメリットである「時間」の問題を、自分で解決しなければなりません。余裕のあるスケジュールを組んで、早め早めに動いていきましょうね!

この記事のPOINT

  • 仲介の方が買取より高く売れる!
  • 仲介は手数料がかかる
  • 買取は時間・手間をかけずに売れる!
  • 買取していない不動産会社もある
  • 自分が最優先するポイントで選ぶ!

↑このページのトップへ