このサイトについて

「子どもたちが大きくなってきたので、マンションを売って戸建てに住み替えたい」

「マンションが売却できたら一軒家に買い替えたいけれど、どうしたらいいかわからない」

なんだか難しそうなマンション売却&戸建て買い替えを、知識ゼロから成功させるために、あらゆる情報を徹底調査して発信するサイトです。

運営者について

はじめまして。当サイトを運営するスミ・カエコと申します。普段は広告関係のお仕事をしていて、家事は手抜きが専門の40代女子です。夫と義理の母とともに、二世帯住宅に住んでいます。

甘いものに目がなく、スイーツの食べ歩きが趣味と言えば趣味なのですが、それより何より大好きなのが、マンションや一軒家などの不動産チラシを見ることです。

「この間取りは使い勝手、悪いわぁ」とか「旗竿地だから、この値段かぁ」などと、
チラシを片手にブツブツつぶやき、妄想をふくらませるのが至福のひととき。

なぜ、こんな趣味になってしまったのか?

開設のきっかけをご覧ください。

開設のきっかけ

実家は長らく借家でした。小さい頃は、特にそのことに不満はありませんでしたが、思春期になり、おしゃれなマンションや素敵な一軒家を見るたびに、

「自分の家がほしいよなぁ」
「こんな一軒家で、家族と暮らしたいなぁ」

ネコや犬などペットも欲しかったのですが、借家だと飼えなくて、家に対する憧れは強くなる一方でした。でも、両親に話しても「ムリ」の一言。経済状況から考えると厳しいかぁ、と引き下がりつつも、生まれつきあきらめの悪い私。

住宅のチラシが入ると、立地や間取り、価格などをチェックし、「これはお買い得だよ」「この立地だとクルマがないと生活できないな」などと、考えるのが習慣になっていました。

26歳でマンションを購入

そんなこんなで成人し就職後、一人暮らしをスタート。不動産チラシをチェックするクセは続いていたのですが、ある日のこと、とあるマンションのチラシが目にとまりました。

実は、私の就職先は広告業界。不動産チラシの制作も経験し、趣味と実益も兼ねてチラシの見方がさらにシビアになっていたんですが、そのマンションは「ん?」と、私のセンサーにひっかかったんです。

そこで、まずはモデルルームや現地を見学。販売先の建設会社の方と話し合いを重ねて、ついに心を決めました、「絶対に買う」と。当時、26歳の独身で年収は300万円台でしたが、どうしても家族で住むための家が欲しかった私は、手付を払って4LDKのマンションの購入を予約してしまいました。

当然ですが、突然の娘の「家、買うよ」宣言に、親はボーゼン。ただ、契約内容や月々の返済金額などを説明すると、購入に消極的だった親も納得。父と共有名義にすることで4LDKのマンションが買えました。

この経験で気がついたこと。
「家って、こうすれば買えるんだ!」

年齢が若くても収入が少なくても、事前に情報を仕入れて、業者と交渉しローンの組み方を工夫すれば、うら若き乙女(当時ですよ)だった私にもマイホームが買えたんです!

こうして、再び家族一緒の生活が始まりました。

34歳で一軒家を購入

ローン付きの女でしたが、こんな私もその後、結婚。自宅マンションには親が暮らし、私は夫と二人、賃貸マンションで新婚生活を楽しんでいました。でも、しばらくするとこんな考えが。

「自分のものにならない家に、家賃払うなんて、もったいなくない?」

いずれ義理の母との同居も考えなければならないので、「いっそのこと一軒家を買おう」と夫を説きふせ、怒涛の日々が始まりました。

毎週末、モデルハウスやチラシで気になった物件を見にいき、情報を収集。これといった情報がない地域も、足を棒にして歩き回り、売り出し中の土地や物件はないか徹底的に探索しました。

そして、ついに出会ったんです!「ここなら買い物にも通勤にも便利だし、狭いけど二世帯住宅を建てられるんじゃない?」 という土地に。

マンションのローンは繰り上げ返済で完済の目途が立っていたので、今度は夫との共有名義にして、34歳で一軒家を購入。
「一軒家って、こうすれば買えるんだ」

と、マンションとは違ったノウハウを得ることもできました。詳しくは、記事でご紹介しますね。一軒家とマンションの二重ローンの間は大変でしたが、目標があると頑張って働けるから、人間って不思議ですよね。

買い替えって大変なの!?

こうして私の「家がほしい~」熱も落ち着いたかに思えたのですが…。

最近、友人から「子どもが成長してきたから、マンションを売って一軒家に買い替えたいんだよね」という話を聞き、再び熱い血が騒ぎ出してきたんです。

友人は30代でマンションを購入。3LDKの和室をつぶしてリビングを広くし、生まれたばかりの坊やと旦那さんと、オッサレ~な生活を送っておりました。その後、二人目にも恵まれ、兄と妹、二児のママに。そして、はたと気がついたんです。

子どもの部屋、どうしよう…。

和室をつぶしたので、夫婦の寝室とは別に洋室は1部屋だけ。子どもは男の子と女の子なので、いずれ部屋をそれぞれに用意したいですよね。

「でも、マンションのローンが残っていて、売れなかったときが心配なんだよね」
「それに子どもたちの学校もあるから、学区の変更や引っ越しのタイミングが難しくて」

そりゃそうです。マンション売却と一軒家購入は、同時期に大きなお金が動く上、住んでいる家を売ることになります。成功するか失敗するかで、その後の人生のプランが左右される。ましてや、子どもの生活に悪影響が及ぶことは絶対に避けなければ。

でもでも、ペットをお隣に気兼ねなく飼ったり、庭で大きな木を育てたり、一軒家にしかできない暮らしって、他にもいろいろあるじゃないですか。

「だから、やっぱり一軒家に買い替えたい!」

という友人の話を聞いて、完全に私のスイッチが入りました。

そうだ、マンション売って一軒家に買い替えるのも、まずは情報収集が一番大事。それ次第で打つ手が違ってくる。

私自身はマンションと一軒家を所有しているのですが、実はマンションの売却金を頭金に、3軒目の家が購入できないか、とたくらんでもいたので、

「買い替えって、こうすればできるんだ!」

という方法を見つけて友人と共有しようと、早速、情報収集を開始しました。

売却・買い替えの不安を解消したい!

ところが、調べ始めて感じたのは、Web上では業者や専門家から発信される情報は多いものの、一般の人の立場で、知識ゼロから必要な情報を提供してくれるサイトは少ないということです。

「売却・買い替えって難しそう」
「専門家の言いなりになって、損したらどうしよう」

という、友人の気持ちもわかるわぁ、という感じでした。

そこで、じぶんの野望をかなえると同時に、友人をはじめ買い替えを切望するママ・パパの不安を解消するために、マンション売却&戸建て買い替えについて調べたことを、コツコツ掲載していくことにしました。

私自身の一軒家の購入経験を踏まえたリアルなアドバイスのほか、広告業界で不動産チラシの制作に携わった経験から、その裏話(?)も発信していくつもりです。

一緒に、成功させましょう

住まいは、家族をしあわせにするための大きな服、だと思うのです。だからこそ、家族の成長や変化に合わせて、住み替えたいという希望が出てくるのはあたりまえ。

あたりまえの夢を実現するために、マンション売却&戸建て買い替えの成功に向かって、少しでも役に立つ情報を発信できればと願っています。

一緒に、絶対に成功させましょうね!